バイク査定カナリア
ホーム > 便秘 > どうしても起きる妊娠中の便秘に対応する

どうしても起きる妊娠中の便秘に対応する

便秘するとオナカのハリを感じたり、ムカついたり、おならが頻繁に出たりします。

 

それに便秘だけでなく、悪阻も起きると何も食べれなくなります。

 

加えて、便秘を何度も起こすと痔ができることもあるので、スッキリとした便通を目さしましょう。便秘を防ぐには、トイレを我慢しないことです。毎日時間を決めておいてとにかく便器に座るような日課を守るといいでしょう。

 

妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで体調不良に変わるのが珍しくありません。

ベッドの横にチョコレートなど軽く食べられるものを準備して、起きてしまう前にチョット食べるならムカムカしなくなります。昼間もグーグーオナカが鳴らないよう適当な時間にオナカを満たしておくようにしましょう。そしてコッテリ系や匂いのキツイものは気持ち悪くなってもクールなフードやすっぱいフードは割と入ります。

無我夢中でやれることがあると、つわりの苦しさも幾らかやわらぎます。会社勤めの人なら、働くことで気がまぎれる場合があります。また楽しいイベントに参加したり、仲間内でペチャクチャ会話すると、その時間はつらさも薄れるかも知れません。外出することは気持ちの切り替えに役立ちます。人混みが少ない場所でゆっくりと時間をとるようにすれば気持ちが楽になります。

生理のある女性については、オナカに赤ちゃんがいなくても、貧血気味の人はまあまあの数に上ります。

 

 

妊娠によって、貧血の診断が10人中34人にもなります。

 

妊娠期は胎児が自身のための血をつくろうとして母体から鉄分を得ようとします。

 

 

そのようなワケで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。

このような症状を鉄欠乏性貧血と称されています。

妊娠の後半で起きやすくなります。吐き気がおさまらないようなときは、体内水分が不足してしまうことがあります。

 

 

 

水を摂取して下さい。まとめて飲めそうにない時は、小まめに摂取して下さい。

 

 

 

グレープフルーツのようなサッパリした味のドリンクならスッと入ると思います。

 

 

 

身ごもった際は平常より1時間は睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれますね)を増やして下さい。昼寝(午睡ともいいますが、あまり一般的には使いませんね)もよく活用しましょう。

 

 

 

貧血ではママ側の心臓がしんどくなり、ドキドキ、ゼイゼイすることがあります。

 

 

眩暈・立ちくらみが起きることもあります。

すぐに疲労を感じ、だるくなったり、顔色も青くて元気なく見えます。

ママが貧血を起こしても、すぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はありません。

ですが、貧血のまま長期間過ごしていくと、胎児が成長していく上で問題となるかも知れませんし、加えて母親自身の健康面もリスクを負います。

 

 

 

つわりで吐き気のあるときは、胎児の栄養への影響は現段階でないので、喉にスルスル入っていきそうなものをいけそうなときに口に入れるようにしましょう。家庭でも同居者はつわりがある人のいる前では、食べる物に注意して具合の悪くなるものは避けるようにしましょう。

 

また永遠の謎なのですが、自分の手で調理したものより誰かに作ってもらったもののほうが食べられることがあります。

妊婦さんは便秘に悩むことが多いものです。

 

分泌が活発化するプロゲステロンのせいで腸の動きが緩慢になることや、巨大化していく支給が腸に圧力となり、はたらきが十分にできなくなるために起きるようです。妊娠した喜びの反面の不安など精神的な要素が関係している場合もあります。

活動する時間が減少するのも便秘を招く要因になります。妊婦に人気のオリゴ糖情報