バイク査定カナリア
ホーム > 葉酸サプリ > 妊娠しやすい体を作る食べ物とは?

妊娠しやすい体を作る食べ物とは?

妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。

 

レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。

 

妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。

 

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが理想であることは間違いありません。

 

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

 

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

 

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。

 

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。

 

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという話では、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

 

葉酸は妊活に必要なサプリ!口コミ確認!