バイク査定カナリア
ホーム > 中国など > 中国などについて

中国などについて

勉強をしました。中国では、13世紀末から14世紀の宋代から元代にかけて、すでにそろばんが使われていたと思われますが、明の時代になって 算法統宗をはじめ、多くの民間数学書(そろばんの解説書)が出版され、急速にそろばんが普及していきました。算法統宗が日本に伝えられ、これを模範として毛利重能の「割算書」(元和8年、1622年)や、吉田光由の「塵劫記」が著されました。「塵劫記」は、寛永4年(1627年)に初版が出版されてから幾度か版を重ね、江戸時代の数学書の代名詞として、商人をはじめ多くの人々に学ばれ親しまれてきました。その内容は、和文でやさしく書かれており、そろばんによる加減乗除から平方根や立方根などを求める開法までの解説と、日常生活や商業・農業・工業に関する多くの問題が取り上げられています。商店用そろばんは、大型につくられていて、ほこりなどがたまったとき、清掃できるように底板が抜き差しできるようになっています。古着屋そろばんは古着商が、衣類の枚数および金額の計算に便利なように、枠を高くしてあります。エジプトそろばんは、エジプト王朝の盛んなころ、地中海沿岸の諸国で使用されました。中国そろばんは、中国本土・東南アジア在住の華僑が現在も使用しています。

交通事故弁護士着手金無料